税理士に税務処理を依頼、豊富な知識で作業もスムーズに

PICK UP

  • ファイルを眺める断線

    税理士の仕事

    私達の周りには多くの職業があります。その中にある税理士は、税金に関する豊富な知識を以ってさまざまなサポートを依頼者に提供します。故人で処理するには難しい事もたやすく行えるでしょう。

  • グレースケールのガベル

    求められる税理士

    税理士は需要がある職業です。その為、税理士事務所では毎年税理士の求人が行われています。事務所が求人募集をする事もありますが、企業が専門の税理士を求人募集する事もあります。

  • 老人に説明する女性

    税理士になるには

    税理士試験は一定の科目以上をクリアする事で合格する事が出来ます。いざ税理士になった後、税務処理をするサポート以外にも、依頼者が1人で財務処理をする為に必要な資料作成もします。

  • 顎に手をあて微笑む男性

    依頼するメリット

    税理士に確定申告の依頼をするメリットは多くあります。自分で作業を行う事も可能ですが、豊富な知識を持っている税理士から得な情報を得られる事があるからです。また間違いが出る事がほとんどないので安心できるでしょう。

税理士に頼ろう

ノートパソコンを前にして話し合う男女

業務と最近の傾向について

税理士とは、税理士法に規定されている国家公務員で、暮らしやビジネスのパートナーとして、国民の納税義務を守り国の申告納税制度を推進する役割を持っています。主に、税務を代理や、申告書類の作成代行、税務の様々な相談を基本的な業務としています。また、行政書士の業務全般や、社会保険労務士の一部の業務だけではなく、会計参与として株式会社の経営に参画し、計算書類作成の責任者として活躍することも可能です。最近では、複数人で税理士法人を運営し、個人事務所では対応できないような複雑で大規模な案件に取り組む動きも出てきています。税理士を利用する費用は、事務所ごとに様々な料金を設定していますので、申し込み前に確認しておくことが必要です。

税理士にかかる費用の目安とは

税理士の費用は、従来は税理士法に規定される報酬規定にて全国一律でしたが、現在は廃止されていて事務所ごとに特性を活かして、様々なサービスと料金体系を提示できるようになりました。例えば、初期の税務相談や相続税の計算シュミレーションを無料で提供することで、様々な税務の手続きの提案をする所もあります。平均的な料金は、日本税理士会連合会にて実態調査を報告しています。顧問料は個人で年間4万、法人で5万であり、決算の費用は、個人で毎年15万、法人で20万という所が一番多くなっています。従来の報酬規定では、利用者には費用の打ち合わけが見えにくくブラックボックスとなっていましたが、最近では業務内容や顧客の規模等に応じて、細かく料金を分けて提示する事務所もあります。ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。