税理士に税務処理を依頼、豊富な知識で作業もスムーズに

税理士の仕事

ファイルを眺める断線

会計業務を行ってくれる税理士

税金の申告は個人でも行うことができますが、税理士に委託することによって手間が省け、節税対策を行うことが可能になります。面倒な税務書類の作成など、税金に関わる申請業務を税理士が代わりに行ってくれるので、節約した時間をビジネスに費やすことができます。毎月の売り上げを向上させたいのであれば、税理士を雇うのもひとつの方法です。特に最近の税理士は、税金関連の業務だけでなく、記帳代行や給与計算業務などの会計業務まで請け負ってくれるところもあるので、時間の節約に大いに役立ちます。最近は、個人が自宅から確定申告を行えるようになり、今後は税金対策以外に、会計業務を行える税理士が求められていくと考えられています。

格安料金に注意しよう

税理士の中には、格安の月間報酬額を設定しているところがあります。税理士の月間報酬額は個人の場合で1〜2万円、法人の場合で3万円前後が一般的ですが、最近は数千円の格安料金で業務を請け負っている税理士もあります。顧客にとっては有り難いことですが、安いには安いなりの理由があるので、それをよく考慮した上で利用するかどうかを決める必要があります。格安料金を設定している事務所の場合、スタッフの経験が浅かったり、返事が遅いことが多く、満足のいく対応をしてもらえない場合があります。また、毎月の顧問料以外に別途請求される費用が発生することも考えられるので、まずは相談をして料金の内訳を明確に示してもらうようにしましょう。